【不変の成功哲学Vol.10】無知な人ほどモチベーションに左右される




こんにちは、山中です。


今日は「無知な人ほどモチベーションに左右される」ことについて話していきます。



よく「やる気が出ない」「モチベーションが上がらない」という話を聞きますが、それはシンプルに世の中のことを何にも知らないからです。



例えば、3ヶ月後に家賃が払えなくなると分かっていれば危機感を持って行動し始めるし、テストが一週間後に分かっていれば一生懸命勉強し始めるし、大量のリストラが起こると分かっているから起業したり、副業を始めたりするのです。



つまり、モチベーションに左右されてしまう原因は、未来に何が起きるかを予測できていないからであり、世の中のことを知らなさすぎることで起こってしまう現象なんですよ。



なので「モチベーションに左右される」=「自分は無知なんだ」と思った方がいいです。



自分にとって最高な体験を経験することができた人や、ほとんどの人が経験したこともない一流のサービスに触れたことがある人はそれらをもう一度、体験するために「もっと頑張ろう」と思う傾向があります。



つまり、モチベーションが上がらない場合には、もっと世の中のことを知ることで解決できます。



20歳のとき、「お金持ちになりたい」と思い大学とサッカーを辞め起業しました。

21歳のとき、お金を少し持つことができ、可愛い女の子とクラブで遊んだりしました。

22歳のとき、高級ホテルに宿泊し一流の体験をしてきました。



これらすべての土台にあったのは、「まだ見たことがない世界を見てみたい」「今まで遊んでこなかったら遊びたい」という忠実な欲望でした。この欲望があったからこそ、リスクも取れたし振り切った選択を何度もとることができたのです。



僕から欲望をとったら、廃人になってもおかしくありません。なので、モチベーションが下がってしまうのは、自分が見ている世界が狭いことで起こってしまう、自分の責任です。



今の時代は、ネットがあるのでどれだけでも情報収集ができます。



まだ見たことがない世界や心の底から興奮するような情報を得ることができれば、あなたは自然と目標に向かって行動しているはずです。





山中 蓮





PS:暖かくなってきて、過ごしやすい日々なので最高です!コラム書き終わったら散歩に行ってきます。









よければ僕の無料LINE@ソシオにご登録お願いします!

【👇無料登録のリンクはこちら】

https://lin.ee/aZNZj0x