【Vol.12】結果を最短最速で出すための最強チート方法とは?




最短最速で結果を出したいなら、お金を払って学び、実行することです。マーケティング、動画編集、ホームページ制作などなんでも良いのですが、「何かを自分が学びたい」と思った時は、必ずお金を払って学ぶこと。理由はシンプルで結果を出すまでの時間をショートカットできるからです。例えば、「動画編集を学んでお金を稼ぎたい」と思った時にYouTubeでお金をかけずに学んで仕事を取ろうとすると、ほとんどの確率で挫折するか失敗します。たまに、無料でできる人もいるのですが、このパターンはまれで相当賢い人だけです。僕みたいなFラン出身で今までスポーツしかやってこずにロクに勉強もしてこなかった凡人はプライドを捨てて必ず、お金をかけて学ぶしか選択肢はないと思ってもらって結構です。

無料ではなくお金を払って学んだ方が結果的に莫大なリターンを得ることができる。これは、僕自身が失敗して気づいた実体験があるのでアドバイスできるのです。以前の僕は、「お金かけなくても無料でいけるっしょ」って感じでスキルをつけようとしていました。その結果何が起こるかと言うと、挫折するんです。結果は出ないし説明は難しくあっているかも分からない。結局、最後には「あー、自分には向いてなかったからいいや、、、」と終わっていくんです。典型的な負け犬のパターンですよね。もし、過去に戻れるなら自分を三発くらいぶん殴ってやりたいくらいです。

無料で学んで挫折してしまった場合、お金は失うことはないです。ただ莫大な時間を失ってしまうのと同時に挫折してしまうことで自信まで失ってしまいます。もし、お金を払って学んでいれば1ヶ月目は1万円稼げて、2ヶ月目は5万円、3ヶ月目は10万円、1年後には100万円稼げる可能性があります。なので、人生を長いスパンで考えた時にお金を払って学ぶ方が圧倒的に損をせずにすむんですよ。もちろん、ただ適当にお金を払って学べば良いわけではありません。何にお金を払うか、お金を払ったあと自分がどれだけ取り組むかはもっと大事になってきます。マーケティングを勉強していると良い商品の見分けをある程度、できるようになります。例えば、良い商品やサービスにはお客さんの生の声を紹介されていることが多いです。自分で改ざんできるようなお客さんの声ではなく、ツイッターで実際にお客さん自身が投稿したものが掲載されていたり、インスタのハッシュタグで紹介されていたりします。このお客さんの声を紹介するということは、売り方が上手く中身の悪い商品を扱っている詐欺師はできないんです。理由は簡単で、中身が悪いから口コミが起きない。ただこれだけです。他にもYouTubeなどでサービスを受けた人と対談していたりすると良い商品の傾向が高いです。お金を払って学ぶって実は最強に楽する方法なんですよ。だって成功する方法をある程度教えてもらえるので、あとは自分が実行すれば良いだけなんですから。こんな楽して結果を出せる方法は逆にないんです。なので、楽して結果を出したい人はお金を払って学べば良いし、苦労して結果を出せるか、出せないかのギャンブルをしたい人は無料で学び続ければ良いと思います。まあ、無料で学んで結果を出せる人は1%もいないと思いますが。

お金を払って学ぶメリットは、最短最速で結果を出せることだけではありません。商品、サービスの中身を知ることができ、良くも悪くも自分の事業に活かすこともできるのです。例えば、動画編集のコンテンツを3万円で買うとします。実際に自分がお金を払うことで「これの真似してホームページ制作のコンテンツを自分なりに作って販売してみようかな」とアイデアが出たり「商品を買った後のサポートがあった方が満足度上がるな」とお金を払うからこそ細かなことに気付くことができるのです。逆に「こんな質じゃ3万円は高い」や「返信遅いから不安になる」と内容に不満が出たとしても学ぶこともできます。

何が言いたいかというと、お金を払って学んだときに内容がスカスカだったら自分が事業をする時に改善すれば良いだけ。内容がよかったら「なぜ、満足できたのか?」を考え自分の事業に活かせる。まさに一石二鳥なのです。いや、訂正します。一石五鳥ですね。


もし、あなたが「何か結果を出すために学びたい」と思ったときは是非、お金を払って学んでみてください。お金を払う瞬間は多少の不安を感じることもあるかもしれませんが人生を長いスパンで考えると結果的に莫大なリターンとなって返ってくるので。