【Vol.13】マーケティングにおける3つの禁断の掟



マーケティングにおける絶対に守るべき禁断の掟

①自分の身内に売れる商品を扱うこと

②顧客の生涯価値を考えること

③顧客にリスクを負わせないこと

この3つを話していきます。



①自分の身内に売れる商品を扱うこと



あなたが事業をしていて商品、サービスを持っているのであれば次の質問に答えてください。



「あなたの商品を家族や恋人に売ることができますか?」



「できる」と答えた人はオッケーです。今の商品をもっと売る方法だけを考えて売って売って儲けまくりましょう。でも、「ちょっとできないな」「少し迷う」と答えた人は商品を見直す必要があります。理由は簡単で、長期的に儲けることができないからです。



僕自身も以前、ただ儲けるためだけに高単価な商品を扱っていたことがあります。お客さんに営業するときは心を鬼にして売っていました。もちろん、多少は稼ぐことはできたのですが長くは続きません。リピートしてくれるお客さんもいなければ良い口コミも生まれない。これでは短期的に少し稼ぐことはできても、長期的に稼ぐことはできず、結果的に損してしまうんです。



じゃあどうすれば、いいのか?



今ある商品を捨てて、身内に売れる商品を扱えば良いんです。そうすれば今の数十倍は利益を上げることができます。身内に売れる商品を作るために大事なことは自分や家族が不満に思っていることを解決できるような商品にするだけです。



例えば、YouTubeで情報発信したがっているけど動画編集ができない父のために動画編集の事業をやってみたり、農作物を売りたいと思っているおばあちゃんのためにECサイトの制作をしてみたり、誰かの不満を解決するような商品、サービスを作ることができれば確実に今よりも儲けることができます。実体験の場合、ストーリーを作るのも簡単にでき、USPを決めることも不満を持っていた人に向けて作れば良いので簡単です。



身内に売れる商品を扱うことはシンプルで最も重要なことです。







②顧客の生涯価値を考えること



正直、ほとんどの人は目先の利益しか考えていません。そして結果的に利益を出すことができません。大事なのはお客さんが生涯でどれだけのお金を使ってくれたのかってことです。例えば、一括で100万円払ってくれてそれ以降関係が途切れてしまうよりも、月に10万円1年間継続して払ってくれて関係も良好な方が普通に儲かります。大事なのは一瞬の利益ではなく、生涯的な利益なんです。



僕の知り合いの女の子は、月額300円のサービスに10年間払い続けていると言ってました。1ヶ月の支払いは300円と少額ですが、10年間になると300円✖️12ヶ月✖️10年=3万6000円になります。



もし、これが「一括で3万6000円払ってください」と言われていたら払わなかったはずです。でも、月額300円だから「まあ、300円くらいならいいか」と課金してしまったんです。



目先の利益を手に入れたくなる気持ちは分かります。でも、短期的な利益に食いついてしまうのはただのサルです。思考停止しています。



何のためにビジネスをするんですか?



儲けるためだったり、稼ぐためですよね。だったら目先の利益に飛びつかず長期的な利益を得るということを選択すべきです。その方が結果的に儲けることができます。







③顧客にリスクを負わせないこと



一緒の商品を扱っていても顧客のリスクを取り除いている商品が99%売れます。例えば、全く成分が同じ化粧品のAとBがあって、


・Aは1000円で売ってる

・Bは1200円で売ってる+不満の場合は全額返金保証付き


どちらを選びますか?

きっと多くの人はBの化粧品を買うと思います。理由は保証がついているので消費者のリスクが低いからです。逆にAの化粧品は安いかもしれませんが保証がついていないので一種のギャンブルになってしまいますよね。



実は、この保証って本当に商品に自信を持っていないとつけられないんです。もし、質の低いゴミみたいな商品だった場合、返金対応に追われることになるので詐欺師などは保証をつけようとしません。だからこそ、保証をつけることで売り方の上手い人たちに差をつけられるんです。



あなたも本当に美味しい料理を大好きな人に勧めるときは「一回食べてみて!不味かったらご飯代払うから!」と言ったりして保証をつけて安心させますよね。それと同じです。保証をつけることのメリットって顧客にリスクを追わせないことで商品への自信がお客さんに伝わったり、安心して購入してくれるようになる。などたくさんあります。






以上、

①自分の身内に売れる商品を扱うこと

②顧客の生涯価値を考えること

③顧客にリスクを負わせないこと

でした。



簡単に説明したんですけど、もっと深く知りたい人は「ゴロゴロ学べるマーケティング」にあるマーケティング7つの法則についての動画を閲覧してみてください!






では、また次回もお楽しみに!